日本コミュニケーション障害学会について

● 細則

第1条 (会費および入会金)

  1. ) 本会の会費は次のとおりとする。
      正会員        年額 8,000円
      賛助会員       一口年額 20,000円
      購読会員(個人)  年額 8,000円
      購読会員(団体)  年額 9,000円
      学生会員      年額 3,000円
  2. ) 入会金は2,000円とする。ただし、学生会員は入会時、入会金を免除する。
  3. ) 名誉会員の年会費および入会金は免除とする。

第2条 (役員の選出)

  1. ) 役員の選出は、会則第14条に基づき、この細則による。
  2. ) 役員選挙を行うために選挙管理委員会を置く。選挙管理委員は3名とし、理事長が委嘱する。
  3. ) 選挙管理委員会は、次の業務を行う。
    1. 選挙告示
    2. 立候補届の受理、立候補者の公示
    3. 投票および開票の管理
    4. 当選の確認、立候補者への通知および会員への周知
    5. その他選挙に必要な事項
  4. ) 選挙管理委員会は、投票日の3カ月前を基準にした選挙台帳を作成しなければならない。
  5. ) 選挙権は選挙台帳作成時点で正会員の者、被選挙権は選挙台帳作成時点で正会員歴1年以上の者が有する。
  6. ) 選挙の告示は、次の事項を明示しなければならない。
    1. 立候補受付期間(14日間)
    2. 投票日
    3. 投票受付期間(投票日から起算して7日間)
    4. 開票日(投票日から30日以内)
    5. その他必要な事項
  7. ) 立候補しようとする者(理事または監事)は、所定の様式に基づいて氏名、略歴、立候補要旨を選挙管理委員会に郵送で届けなければならない。(締め切り日消印有効)
  8. ) 選挙管理委員が立候補するときは、委員を辞退しなければならない。また、そのときは別の委員が補充されなければならない。
  9. ) 選挙公報は、次の事項を明示して、投票日の14日以上前に出さなければならない。
    1. 理事、監事立候補者の氏名、略歴、立候補要旨
    2. 投票期間(7日間)
  10. ) 理事選挙は5名以内連記、監事選挙は単記の無記名投票とし、所定の投票用紙を用いる郵便投票とする。(締め切り日消印有効)
  11. ) 当選者の決定は、得点順による。ただし、当落の境界に同点者が生じた場合は、抽選による。
  12. ) 立候補者が定員以内の場合は、無投票当選とする。
  13. ) 開票にあたっては、立会人を置くことができる。

第3条

 この細則は、理事会の議決を経て変更することができる。

 

付  則
1.本細則は、1990年6月10日から施行する。
2.本細則は、2004年3月30日一部改正し、2004年3月31日から施行する。
3.本細則は、2005年6月25日一部改正し、2005年6月26日から施行する。
4.本細則は、2007年6月24日一部改正し、2007年6月25日から施行する。
5.本細則は、2016年5月14日一部改正し,2016月1日から施行する。

学会について

大規模災害時の支援

学会からのお知らせ

分科会活動のご案内

地域からのお知らせ・活動紹介

学会誌バックナンバー

論文投稿について

ご意見・お問い合わせ


ページの先頭へもどる

トップページ | 理事長挨拶 | 会則 | 学会組織図 | 入会のご案内 | 変更届書式[PDF]  | ご意見・お問い合わせ

学会からのお知らせ | 地域からのお知らせ・活動紹介 | 学会誌バックナンバー | 論文投稿について | 関連リンク集 | サイトマップ